腸内フローラに痩せ菌を増やしマイナス8キロを実現する方法|進化したダイエット成功法則

35 views
腸内フローラ
BoDiSIL編集部

BoDiSIL編集部

食事に気を使ったり流行りのダイエットに挑戦しているのに全然痩せない…なんてこと、ありますよね。
運動をしても食事制限をしても成果が表れにくいのは、もう体質のせいかも?なんて諦めてしまうことも。
しかし、そんなあなたに朗報です。
腸内フローラを整える(痩せ菌を増やす)ことで今よりダントツに簡単に痩せることができるのです。
ここでは、腸内フローラについて、そして体内に痩せ菌を増やして痩せる進化したダイエット方法をご紹介します。

腸内フローラに注目している人はたくさんいる

腸内フローラとは!?

腸の中には、多種多様な腸内細菌が生息しています。
その数はなんと、数百種、600兆個以上です。
その腸内細菌の様子がまるでお花畑のようなので、腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラの状態を腸内環境という

腸内環境は人によって違います。

  • 食事
  • 生活習慣
  • 年齢
  • 人種

これらの違いによって様々な種類、数の腸内細菌があるので、腸内フローラも人によって異なります。
腸内フローラが整うことで、ダイエット効果だけでなく、美肌効果、便秘の解消などが期待されます。
腸内フローラを整えるためには、腸内の善玉菌を増やすこと、悪玉菌が増殖しにくい環境を作ることがポイントです。
腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)があり、食事やサプリメントなどでこれらのバランスを整える必要があります。

腸内フローラを整えるために必要なポイント
  • 善玉菌を増やす
  • 悪玉菌が増殖しにくい環境をつくる
  • 善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスを整える
ただ善玉菌を増やすだけでなく3つの菌のバランスを整えることが重要なの
要チェック

善玉菌の働き

善玉菌は体に良い働きをもたらします。
悪玉菌の侵入を防いだり、お腹の調子を整えてくれたりします。
よく聞く代表的なのは乳酸菌ビフィズス菌です。
健康を維持するためには、善玉菌が優勢な腸内フローラを保つことが大切なのです。

悪玉菌の働き

主な悪玉菌の種類
  • ウェルシュ菌
  • 病原性大腸菌
  • 黄色ブドウ球菌
悪玉菌が増えると便秘や下痢が起こりやすくなり、肥満体質を作り出してしまうことも。
要チェック

さらに、悪玉菌が作り出す有害物質の働きで、肌荒れ肩こり、老化にもつながることもあります。

日和見菌はどちらにも属さない

日和見菌とは、悪玉菌にも善玉菌にも属さない菌のことです。
しかし、優勢な菌に味方する作用があるので、腸内のバランスによって善玉菌にも悪玉菌にもなり得ます。
できれば善玉菌を増やして味方にしてほしいわけです。

腸内環境の理想的なバランスとは!?

腸内フローラの理想的な割合は、

  • 善玉菌20%
  • 悪玉菌10%
  • 日和見菌70%

と言われています。

腸内フローラのバランスは食生活や年齢だけではなく、ストレスや体調など、様々な要因で変化していきます。

腸内フローラの乱れは肥満だけではなく、便秘動脈硬化、糖尿病、高血圧などの生活習慣病、アレルギー性の疾患関節リウマチ、ガンまで引き起こしてしまうこともあるので、毎日の生活の中で注意していかなくてはなりません。

腸内フローラには痩せ菌とデブ菌が存在する!?

痩せ菌デブ菌、聞いたことはあるけれど、実際はどんなものなのでしょうか。
正しく痩せ菌とデブ菌の特徴を把握して、自分自身の生活習慣も一緒に見直してみましょう。

デブ菌の正式名称と働き

デブ菌の正式名称は「ファーミキューテス類」といいます。
この菌は、栄養を吸収するために必要な腸内細菌。

少なくなってしまうと腸内で栄養を吸収することができなくなってしまうのですが、多くなりすぎると脂肪を必要以上にため込んでしまい、太りやすくなります。

デブ菌、と聞くと悪玉菌に属しているのだろう、と思ってしまいがちですが、実はデブ菌は日和見菌です。

食生活の中で動物性のたんぱく質や脂肪分の多い食事を好んで毎日摂取していると、デブ菌が働きやすくなり、これが悪玉菌である「ウェルシュ菌」の好物となってしまうのです。

痩せ菌は本当にある?

痩せ菌とは正式名称が「バクテロイデーテス類」と言います。
この痩せ菌が増えると、脂肪の吸収を抑制してくれる上に、脂肪の燃焼を助けてくれる働きがあります。

痩せ菌も多くなりすぎると、必要な脂肪まで燃やされてしまうので、デブ菌も痩せ菌もバランスが大切です。
理想のバランスは「デブ菌4割、痩せ菌6割」と言われています。

腸内で痩せ菌を増やすには

短鎖脂肪酸が善玉菌の活動力をアップし痩せ菌をつくる

腸内フローラが善玉菌優勢になると、短鎖脂肪酸が作り出されます。
この短鎖脂肪酸というのは、腸内を適度な酸性に保ち、悪玉菌をおさえて善玉菌を応援してくれます。
善玉菌が優勢になれば痩せ菌も作られやすくなるので、短鎖脂肪酸を増やすためにオリゴ糖食物繊維、ビフィズス菌、生きて腸まで届く乳酸菌などを摂るのがおすすめです。

オススメは和食。痩せ菌を増やす

和食

痩せ菌は玄米のご飯や納豆、野菜のおかず、豆のおかず、などの食物繊維が豊富で低脂肪、低糖質な食事で増やすことができます。
毎日の食事を見直して、洋食中心だった人は和食重視の食事にシフトしていくのがおすすめです。

また、食物繊維を一緒に摂ることで善玉菌を増やしつつ活性酸素を消去する力が高まり、さらに酢は腸内の酸性度をあげるので、善玉菌の活動力をアップさせてくれます。

ストレスをため込まない

ストレスをためると、どうしても食事の量が多くなったり生活習慣が乱れたりと腸内フローラの乱れる生活環境になってしまいがちです。

適度にストレス解消をして、ため込まないように努力しましょう。

まとめ

BoDiSIL編集部

BoDiSIL編集部

腸内フローラのバランスを整えて、痩せ菌を増やすことでダイエットはもっと簡単になります。

幸いにも日本人にとって不可欠な和食は痩せ菌を増やすためにとても重要な味方となってくれますので、まずは食事の和食の比率を今まで以上に高めてみましょう。

食事や生活習慣を見直し、腸内フローラを整え、痩せ菌を増やし、スッキリボディを目指してくださいね。

本記事のポイント

  • 善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%が理想的なバランス
  • 痩せるにはデブ菌4割、痩せ菌6割が理想
  • 和食中心の食事は痩せ菌を増やす
  • ストレスをためこまない

BoDiSIL編集部

BoDiSIL編集部

現役看護師、保育士資格保持者、元化粧品販売部員など、計5名で構成。
ココロとカラダの悩みを解決し、人生を豊かに導くをテーマに発信しています。

FOLLOW